make a change
自動で働き、自由を謳歌する、自分だけの人生を

電子書籍

はじめに

「今すぐ入院してください」

この出来事から私の将来は
ビジネスをやるように変わっていったと思う。

 

母が軽くパニックになった
入院を促されたその出来事とは
私に難病の腎臓病の可能性があるという
疑いを医師から告げられたこと。

 

私が10歳の時だ。

 

病気による制限の多い生活ばかりで
本来の私と性格が180°くらい変わってしまったが
大学までしっかり進学した。
そしてもう少しで配属先が決まる!

ってときに病気の悪化が始まった。

新人の立場で配属先に通院や入院で
迷惑かけるわけにもいかず就職を断念した。

 

それからは腎臓がダメになる前に
腎移植をしようという先行的腎移植目指して
更に制限のある生活、通院・入院生活を送っていた。

医療費はみんな出してくれたし、
治療の時間ゆえに雇われて働くことができない私を
家から追い出さずにおいておいてくれた。

今までもバイトができなかったから
お小遣いをもらえていたし、
決して病気以外で不自由な思いはしなかった。

 

しかし、移植に向けて
制限と治療を頑張る生活の中で
ドナーである父にがんが発覚した。

高齢な私の家族の中で唯一移植ができるドナーだった。

もちろん腎移植は中止。

 

見事にその時の医師の言葉は的中し
20代にして末期腎不全となった。
週3回の通院を一生続けないと死ぬ運命にある。

いよいよ人工透析を始めないと命が危なくなり
その年、最後の入院をした。齢22歳の入院の時だ。

 

その時

「今後一人で自立して生きていくとしたら?」

と大学の時に漠然と考えていた将来とは違って
本気で今後の生き方について考えた。

 

そしたら

・就職をしようにも障がい者枠でも採用してくれない
・時間を売ることがほぼできないから働けない
・普通以上に我慢を強いられる生活が待っている
・病魔からは逃れられずに明るい未来が見えない
・ハンデが多すぎて一人の人間としての魅力に欠ける
・治療と治療後の不調を回復させる日々で楽しみが見いだせない
・自由に使えるお金も時間もないからお世話になった人に恩返しできない
・もし親が病気になったら今の低収入だと支えられない
・そもそもこの現状で自立することが不可能

と、明るい未来を想像しようにも
出てくるのは不安と恐怖しかなかった。

何一つ明るい未来は想像できなかったのだ。

 

病気ゆえ金欠で無職、障がい者、HSP
という最悪ビッグ3が揃ってしまったので
普通の人が歩むであろう人生を歩めない
ということがほぼ確定していた。

といっても、これらの悩みをひっくるめると
完全にお金の問題であったことは間違いない。

 

今まではお金に困ることはなかったけど、
いざ将来普通に生きていけないという
普通が崩れ去ることを考えたら、はじめて

「何とかしないと!」

と将来を本気になって考えた。

 

当時入院していた私は負担の強い透析治療を終えて
病室に戻ってきて死んだ魚のような眼をして
富士通のスマホARROWWSを片手にSNSを見ていた。
その時、

「スマホ1つで旅先でも月収100万円」

というページを見つけた。

 

 

「どう見てもそんなことはありえない」

と思っていたのだが、反対に、

「たとえ旅先でスマホ1つを操作するだけで
月収100万円が生み出せる仕事であれば
一日おきに半日を治療に費やすことになる私でも
普通の人のように生きられるのではないか…?」

という淡い期待も抱いていたのだ。

 

 

その人が言うには自動販売機のように
商品が並んである自分だけのお店に
人が勝手に集まって勝手に商品を売れる
システムを持っているとのこと。

その「自動収益の仕組み」によって
毎月100万円を切らない自動で稼ぐ
自由な人生を作り上げて謳歌しているというのだ。

 

 

しかも、そのひとのSNSを見ると金持ちがよくやる
高級な料理などの写真が一切なくていやらしさもなく
すごく印象が良かったのを覚えている。

しかもBUMPが好きという善人の条件をも満たしていた。

「この人もつらい状況から成りあがったんだ」
「質素な生活なのに金持ちってどれだけ精神性高いんだ」
「BUMP好きに悪い人はいない!(私もBUMP好き)」

って。

 

筆者と同じ20代の先輩が
こんな普通ではありえない生活を
ネットビジネスで実現しているということに
衝撃を受けたのだ。

私は何も豪華なものや月収100万円を
求めているのではなかった。
一般の人ができる生活を取り戻したかったのだ。

 

 

でも、自動で稼ぐ自由な生活で
人生を謳歌しているさまは
今の私の生活とのコントラストが強く
いつの間にか私の

「憧れの生活」

へと変わっていった。

 

彼と同じやり方で自動で稼ぐ自由な生活を実現できれば、
通院と回復を繰り返す生き地獄から抜け出せると思った。

 

そして、ほかの人では到底できない
面白い体験もできるんじゃないか……って。

「この人に教わらないと、実現できない!!」

って思って、積極的にコンタクトを取った。

 

コンサルはやってないといってたが、
その人の言うことに従って
メルマガでの勉強アウトプットを続けていった。

「この人のいうことを聞けば、成功する可能性はあるぞ!」
と。

そして運よく現在進行形の企画に参加させてもらうことができた。

今までほんの数円も稼げなかった私だったが、

1000円→5000円→10,000円→5,0000円→100,000円

とたった3か月で収入を大きく伸ばせた。

 

しかも、何も作業をせずとも
1万円を切らないで毎月自動で稼ぐ仕組み
もその時に構築できたのだ。

「これが小さいけど自動収益の仕組みなんだ」

ってちょっと感動を覚えた。

まだまだ小さい仕組みだったけど
これを強化したり量産することで
月収100万が見えてくるんだって思うと、

今までの嵐のような日々に
天から一筋の光が差し込んだように思えたし、
生きる希望を取り戻した瞬間であった。

 

今までの死んだ魚のような眼から、
生きる希望に満ちた獣のような眼をしていたと思う。

 

しっかりアタマを鍛えるために
勉強も続けたことで

「どうすれば月収100万円を自動で稼げるか」

というのが見えるようになったし、
もうすぐ実現できるようになった。

そして、ビジネス中心の生活を数年送る中で
私のなかで今後も譲れないテーマとして確立されたものがある。

「WEB不動産を持とう」

というものだ。

 

 

不動産というのは所持するだけで利益を生み出す。
これをいうなれば、不労所得というものだ。

この不動産は数があればあるほど
不労所得がどんどん増えていく。

普通、不動産のオーナーとなるには
莫大な資金と知識、実際に建設する土地などなど
いろんなものを必要とするがネットに建てる場合は
そこまでかからない。

しかも、そのWEB不動産は個人が理論上
無限に持つこともできる。

 

つまりWEB上に不動産を持てば持つほど
不労所得の額も右肩上がりに上がることになるのだ。

 

 

そうしてそこに人を流して
自動で契約を取るという流れを作れれば
それがそのまま自動収益の仕組みとなる。

そう、

「WEB不動産を持つ」

ことこそが

「自動収益の仕組み」

ともいえるのである。

そして、このWEB不動産をたくさん所持したり、
強化したりすることで稼げる額は理論上青天井である。

 

 

だから、

・安い給料でも生きるために働いている
・職場の人間関係が苦しくてもやめられない
・自分の時間を犠牲にするのがもう嫌だ!
・旦那の給料が少ないくて生活が厳しい
・何も変わらない生活で将来が不安
・仕事優先で自分の時間、家族との時間が取れない
・いつまでも魅力的な自分でいたい!
・仕事の予定を気にせず遊んでみたい!

って人はぜひとも
WEB不動産を持ってほしい。

 

 

この世界ならば月収100万円は当たり前で
24時間のフリータイムも当たり前。

時間も場所も捕らわれずに
たった数時間仕事をこなすことで、
好きな時に好きなことを好きなだけできる
常識破りなライフスタイルを送ることが
できるようになるのである。

 

 

最後に、よく勘違いされやすいのは
ネットビジネスは詐欺であるということ。

もちろん、怪しい集団がいるのは事実だが、
本質はかなりシンプルなものだし、
正しい努力と正しい情報で結果は出せるものである。

最低限の知識をこちらに乗せようと思う。

といっても難しいことばかり書いても
出鼻をくじかれるだけなので
3章に分けて最低限のことを載せていく。

ネットビジネスの怪しさのせいで
踏み込むことができなくて、
いつまでも苦しい生活に追われている人
のための助けになれば幸いである。

 

 

 

第1章:すべての悩みの根源と解決方法。

私たちは何をするにしてもお金を基準に考える。

・お金があるからいい学校に行ける
・お金があるから遊ぶことができる
・お金がないからほしいものが買えない
・お金がないかイヤでも働かないといけない
・お金がないから節約しなくちゃいけない

といった感じである。

つまり人の悩みの根源は

「お金」

ということができるであろう。

 

 

冗談抜きでお金があることによって
生活の水準が上がる、生活の質が改善する
という人は9割以上いるはずだ。

逆に言えば

「お金」

というすべての問題の根源を解決できれば
自由度が高く、ストレスとは無縁の人生を送れる。
筆者はそう思っている。

その問題を解決するのに最も手っ取り早いのは
「はじめに」と題した序章で述べてきている通り、

「WEB不動産を持つこと」

これが最も労力がかからずに
大きなリターンを得れられる方法だ。

 

 

たとえばサラリーマンが収入を増やすには
給料の額を上げていくしかない。

月5万円を増やすのにも
相当な労力と相当な時間ががかかる。

しかし、WEB不動産を作れば
たった数か月で、どれだけ遅くても半年で
5万円を生み出すWEB不動産は持てるため、
それだけで毎月安定して5万円を切らない
自動収益の仕組みの完成である。

こんなに時間もお金もかからない
収入の増やし方は過去にあっただろうか。
普通の常識の中ではまずありえなかったことだ。

 

もちろん、それよりも手っ取り早く
大きな見返りを出せる
「投資」や「Fx」という手もある。

イメージすれば

「10万円が100万円になって返ってくる!」

というものであるはずだ。

この投資系のものとしてよくある手法が
外国の銀行口座を活用した投資の案件である。

これらは日本のものと比較すると
利回りがかなり大きいので、
爆発的に不労所得を得やすいのだ。

しかし、このリスキーだが夢のある世界に惹かれて
資金をすべて失ってしまうという可能性だってある。

しかも使っている資金が高ければ高いほど
返ってくる額も多いし、失敗しにくいという性質もあるため
資金がない人が手を出すとほぼ確実に破綻する。

そして、その人のエネルギー状態にも
大きく影響を及ぼすことから少し判断をミスるだけで
どんどん最悪の連鎖にはまる。

 

つまり、リスクが高すぎるので
それ相応の覚悟がない限りは
私は初心者はやるべきではないと思っている。

 

 

では、安定して月何百万という
自動収入を出すことができる

「WEB不動産はどうしたら作れるのか」

というところになってくるのだが、

・自分の頭を鍛えろ
・3種の神器を使え
・発信媒体を持つ

この3つが最低条件となってくる。
それぞれ詳しくお話していこう。

 

<自分の頭を鍛えろ>

まずは

「自分の頭を鍛えろ」

というところであるが、WEB不動産というのは
最初から楽してできるものではないし、
実際にWEB不動産が売られていて、それを購入すれば
自分が使えるようになるという便利なシステムではない。

自分自身が学んできたスキルを駆使して
0から構築していくものである。

 

といってもそれの構築に
莫大な軍資金が必要というわけでもない。

ネットビジネスをかじった人ならわかるかもしれないが、

・マーケティング
・コピーライティング
・セールス
・クロージング
・リストビルディング

といったようなスキルを学べば
大幅に時短でWEB不動産を構築することは可能だ。

しかも、
プラットフォームへの依存度を限りなく
低くしたものでもあるので、
サイトがつぶれたから収入がない、
広告が使えなくなったから収入減ったということもない。

むしろアタマを鍛えたことによって
その仕組みがもし何らかの理由でつぶれたときも
一からまた構築できるという最大のメリットがある。

 

また、一度アタマを鍛えておけば
そのスキルの使い方までは奪えないし、
どんな市場においても横展開ができる、
そしてたとえ潰れても何度でも復活ができる
というのがアタマを鍛えることの最大の恩恵だ。

だからこそ、WEB不動産を作るときには

「アタマを鍛えずして作れない」

こう思ってもらっていいだろう。

 

WEB不動産が持てるようになるころには
一通り必要なスキルは身についた状態なので、
貪欲にアタマを鍛えていってほしい。

アタマを鍛えることこそが、
WEB不動産構築のための
最短ルートといってもいいだろう。

 

<3種の神器を使え>

WEB不動産が自動的に収益を出し続けるためには
WEB不動産を構築している

「3種の神器」

を活用する必要がある。

それぞれ

LP
SM
SL

といったものたちである。

間違っても

LP=リップ
SM=攻めと受け
SL=機関車

のことではない。

 

簡単に説明すると

LP=お客さんを集めるページ
SM=お客さんに自動でで価値を届けるメール
SL=商品の魅力を伝える手紙

と覚えてもらいたい。

 

LPで自動でお客さんを集めて、
SMでお客さん個別かつ自動で価値を届けていき、
商品の魅力を伝える手紙(SL)を自動で送ることで
こちらが用意した商品に価値を感じて購入した場合に
自動的に収益を発生させることができるのである。

そしてここからがWEB不動産を持つことの神髄だが、
WEB不動産を持つことはこの中のSLに当たる。

SLはいくつでも用意できるし、その数に上限もない。

つまり、お客さんの欲しいものをこちらが用意できれば

「こんな商品出来ましたけどどうですか?」

と、その商品の魅力を伝えられる
手紙を書けるので商品の数だけSLは増えていく。

だから、お客さんが求めているものを
たくさん用意できればSLも比例して増えるので
自動的に発生する収益は右肩上がりに増えるのだ。

 

 

長年ネットビジネスをやっていてる人でも、この

「三種の神器」

まで構築できていない人も実は意外と多い。

 

WEB不動産を持つためには三種の神器の構築が必須である
ということはぜひ忘れずにいてもらいたい。

この三種の神器の構築をしない限り、
たとえWRB不動産を持てたとしても
自動で収入を得ることは難しいのだ。

 

 

<発信媒体を持つ>

WEB不動産を持つうえで
切っても切り離せないのが

「情報発信を行うこと」

である。

情報発信と聞くと、
難しそうなイメージを持たれることも多いが

・日々の学びを投稿する
・感情が動いた出来事を発信する
・趣味について自分の思いを言う
・主婦さんが知りたそうな情報をつぶやく
・ネット上の人と交流するために会話を楽しむ

これらのことでも立派な情報発信といえよう。
思ったよりも簡単そうだと思った人もいるであろう。

 

しかし、これを多くの人に見てもらう
発信媒体を持たないことにはあなたという存在を
認識してもらえないし、

「ためになる発信だな!」

とチェックされることもないのだ。

だからこの発信媒体は
最優先で構築すべきなのである。

 

有名どころで言えば

・ブログ
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・YouTube

などであろう。

これらは使用しているユーザーも多く、

「ためになる発信だな!」
「面白い発信だな!」
「勉強になる発信だな!」

って思ってもらえれば、
あなたのことを見てくれる人が必ず現れる。

こういった人をLPへと集められれば
利益が生まれる可能性があるのだ。

ここで間違ってはいけないのが、
あなたに興味を持った人も
一人の人間であるということ。

たとえ自動的に収益が生まれても

「一人の人とやりとりをしているんだ」

という意識が大切である。

ぞんざいに扱えばその意思が必ず相手に伝わるし、
ようやく持てたWEB不動産も一瞬で崩壊するだろう。

あなたから発信させられたもので
人を不快にしないように注意しながら
楽しみながら発信することが大切だ。

この3つを徹底してこなすことで

・時間とお金と心の自由の約束
・生活のコストが収入を下回る
・QOLの大幅改善と選択肢の増加

これらに繋がっていくのだ。

 

時間とお金と心の自由の約束に関しては
自動的に毎月100万円ほど入ってくるとなれば
別に無理に職場に出向いてやりたくもない仕事を
朝っぱらからやる必要もなければ、

今まで勤務していた時間を
1時間程度のメンテナンスに充てさえすれば
午後はフリータイムが待っているというわけだ。

別にメンテナンスをしたくなければ
後日に回したっていいし、ガッツリ仕事をしたいのであれば
一日中好きな時に好きなだけ仕事をするもよし。
一日のスケジュールを休日同様に自分の手で決められる
最高に自由度の高い生活がっているのである。

 

生活のコストが収入を下回る、これも想像ができるだろう。

例えば今まで光熱費込みで
20万円で生活してきたとして、
20万円お給料しかなければ、
自分の好きなことは一切できなかったはずだし、
貯金をもままならないわけだ。
それが月収100万円が自動的に入ってくるとなるとどうなるだろうか。

 

今まで通りの生活に加えて
貯金をする余裕も出てくるだろうし、
ちょっとだけ自分へのご褒美を奮発することだってできる。

 

そしてQOLの大幅改善と選択肢の増加へとつながるのだ。

 

光熱費込みで20万円で生活してきたなら
80万円は浮くわけだ。

そしたらちょっといい家に引っ越すのもいいし、
浮いたお金でさらに勉強をしてWEB不動産を立ててもいい。
今までできなかった趣味を楽しんだってかまわない。

明らかに選択肢が増えるのは明確だ。

 

しかし、ここで注意しなくてはいけないのは
QOLが上がって生活の自由度が増えると、
選択肢が増えることで逆に生活費が上がる
という現象が起こりうることだ。

WEB不動産から入ってくる
不労所得が月収100万円だとして
生活費に100万円をかけているようでは
本末転倒である。

QOLを大幅に改善して選択肢を増やして自由に生きる
ということもWEB不動産を持つ最大のメリットではあるが、
趣味や交際費、光熱費などを含めた生活費に関しては

「常にWEB不動産による不労所得よりも下回れ」

ということだけは忘れないでほしい。

 

 

第2章:コンテンツビジネスの破壊力

さて、第1章にてすべての悩みの根源は「お金」
であり、それを限りなく低いリスクで解決できる方法が
「WEB不動産を持つこと」というのはわかっていただけたであろう。

更に、WEB不動産を持つには

・自分の頭を鍛えること
・3種の神器を使うこと
・発信媒体を持つこと

これを用いて自動収益の仕組み=WEB不動産をもって
不労所得を得た結果として

・時間とお金と心の自由の約束
・生活のコストが収入を下回る
・QOLの大幅改善と選択肢の増加

という時間もお金も自由で
ストレスフリーな生活が送れるとつづってきた。

 

そして、三種の神器にてつづった、

『LPで自動で~~できるのである。』

という分の塊から察することができたと思うが、
WEB不動産を構築するためにやることは商売である。

もちろん、最初のうちは人の商品を紹介して
紹介料を収入源とするアフィリエイトもありだが、
個人で安定して大きく稼いでいくためにはまだ足りないのだ。

 

お客さんの欲しい商品というのは
無形の価値あるものを販売することを指す。

 

在庫を抱えるリスクもなく、複製も保存もきく

「コンテンツビジネス」

をやる必要がある。というかこれ一択である。
WEB不動産も全体像を見るとコンテンツビジネスの一部だからである。

 

ちなみに人によっては
リストマーケティングとかDRMビジネスと呼ぶこともある。

 

実は先ほど記した、

「時間もお金も自由でストレスフリーな生活が送れる」

というのがコンテンツビジネスを行う上では
とても重要な要素で、一般的に仕事というのは忙しく働く
というイメージがありそれこそが善とされてきているが、

WEB不動産を持つためのコンテンツビジネスでは
忙しいのはむしろ悪であり、とことん暇を突き詰めないといけないのだ。

暇を突き詰めて自分だけの体験や経験をして、
それをもとに発信してお客さんを集めるということができるからだ。

 

自分のための時間とお金を使った結果、
人々に興味を持たせられる・感化させられる
コンテンツを作れるので、まずは自分のために
しっかりと時間とお金の自由を得なければならない。

そうして集まってきた人たちに
WEB不動産を持つことだけが現状を変えられる手段
というのを手を変え品を変え伝えいていき、
実際にWEB不動産を作って成功していただくことによって
自分のために使った時間とお金は結果的に人の為になっていく。

言い換えれば世のため人の為になるということだ。

 

自分本位の時間とお金の使い方であっても
コンテンツビジネスへと生かして
WEB不動産を作っていくことが
世のため人の為になるというのは前代未聞な仕事なのだ。

 

本章ではそんなWEB不動産を作るうえで
避けては通れないコンテンツビジネスの破壊力をお伝えしていく。

 

 

<ローコストハイリターンな商売>

第一章にて、発信媒体を構築するということをつづってきたが、

・ブログ
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・YouTube

これらは基本無料で始められる。
無料で始められてあなたの発信に
興味を持った人が集まるというのは
お客さんを集める手段としてはコストパフォーマンスが良すぎて
実店舗で苦労して成功していた人のヘイトを買いそうだ。

無料で初めて莫大な利益を得られるのは
コンテンツビジネス以外にはないだろう。

 

ブログに関しては無料ブログを開設するよりも
月に2000円程度であるが有料ブログを開設した方が
お客さんを集める効果も高いため筆者は推奨している。

無料ブログを管理している会社の気分によって
突然ブログが削除されて発信媒体がなくなる
といったリスクも抑えられるためだ。

 

半年で月5万円を稼ぐWEB不動産さえ作れれば
初期費用もツールの年会費のもともとれる計算である。

一時的に館合えればお金の出費は痛手だが、
安定的な月収100万円となって帰ってくるとなれば
自己投資しない手はないだろう。

 

さて、ここまで軽く媒体構築やそのたの出費を踏まえての
リスクをつづってきたが、何十万というお金を提示しただろうか。

筆者はしてきていないはずだ。

筆者も媒体構築やWEB不動産づくりのための
最低限の出費は年間3万円以内には収まっている。
WEB不動産を作るためのコンテンツだってPCだけで完結するものもおおい。
PCだって安くて5万円で手に入る。

無理にmacにする必要だってないし、
WEB不動産が出来上がってから、
さらにハイスペックなものへと乗り換えてもいいだろう。

 

 

このようにたった数万円が
3年以内に100万円を生み出すとなると
もう実店舗での商売はやっていられないであろう。

普通、店舗に店を構えて商売をするとなると
多大なお金がかかるし、諸事情によって
ビジネスを崩す可能性だってある。
こう考えるとありえなすぎるくらいのローコストである。

明らかにリターンが大きすぎるのだ。

しかし、デメリットだって存在する。
このローリスクゆえにいつでも辞められる
というところだ。

筆者は一日おきに通院し、
一日日おきに体調が悪くなるため、
作業時間は健常者の半分であろう。

だから1年での成功は難しいと感じているが、
こんな筆者でも確実に3年以内には成功できると確信している。

コンテンツビジネスを極めて
WEB不動産をたくさん持つことができれば
年収1000万だって達成することはできるし、
そこまではいかなくとも月収100万円さえあれば
大半の人の多くの問題は解決するであろう。

WEB不動産を作るために
コンテンツビジネスを学ぶあなたも、
半年~1年は将来のあなた自身のために
少しの間だけ努力を続けていただきたい。

たった数年頑張ってWEB不動産を持てれば、
月収100万円の安定収入と24時間のフリータイムの確約、
好きなことを好きなだけできる生活が待っているのだ。

 

<稼ぎの仕組み>

稼ぎの仕組み自体はとてもシンプルだ。

「人を集める→自分の持っている商品の魅力を伝える→売る」

これだけだ。これだけではイメージできないと思うので、
三種の神器を用いて少し詳しく説明していこう。

 

私は先につづった発信媒体にて情報発信をしている。
私の発信に興味を持った人がLPに集まるようにして、
SMを使って商品やサービスの魅力を伝えていく。

これはすべてシステムに任せられるから
私は文章を書くという1の労力しか使っていないのだ。

この中で、適切なタイミングで
自分の商品の案内を流して、
お客さんが価値を感じて購入すると
売り上げが上がる……という仕組みだ。

 

最初は自分の商品はないので
人の商品を紹介して軍資金を作り、
時が来たら独自の商品を売っていく
という流れも鉄板だ。

 

さて、このコンテンツビジネスを経営している人が動くのは

・商品づくり
・同線づくり
・ツールへの指示

のたったこれだけだ。

顔出しをする必要もないし、一人でできる。
これだけだから家でだってできる。

更に今はネットの時代なので、
多くのカフェや駅、ビルなどでは
Wi-Fi環境も良く、一家にネット環境だって
だいたいはある時代だ。

だからこそ行きつけのカフェでだって
旅先だってさらに言えば海外だって
場所を問わずにPC1つで作業ができるのだ。

家事や育児に忙しい主婦だって
スキマ時間で取り組めるし、
時間の自由の多い大学生ならば
講義のないのない全休の日や
長い夏休みを活用すればかなり早く
WEB不動産を持てるだろう。

サラリーマンだって、ただ寝ているだけの
電車での通勤時間にコンテンツを作れるし
高速バスでのWi-Fi環境を活用すれば
それはそれはWEB不動産の構築が加速されるだろう。

 

そう、やろうと思えば誰だってできるのだ。

 

この仕組みの流れを構築し、
自動収益の仕組み=WEB不動産を作れば、
お金のためにいやいや働くということもなくなるから

ド平日にTDLやUSJ、旅行にふらっと出かけたり、
一日中自分の趣味に打ち込めたり。

好きなアーティストのライブに翌日の仕事を気にせずに参戦できたり、
働きに行く必要もないから大切な人と一緒にいられる時間が長くなる。

総括するとたった一度きりの人生を
もっと楽しくあなたの思い通りの日々にできるということだ。

こんな自由度の高い生活が待っているのである。

WEB不動産を持つことによって
人生の充実度が爆発的に上がるため、
ぜひともこの書籍を読んだその日から
少しずつでもWEB不動産を構築していってほしい。

 

<コンテンツビジネスの威力>

さっき軽く、

「複製も保存もきく」

という言葉を出したが、
これができてしまうから
コンテンツビジネスが最強と筆者は思っている。

まず

「無形の価値あるものを販売することを指す」

ということも言ってきたが、
コンテンツはすべて複製ができるものだ。

なにもカバンやエプロンといった
形あるものを販売しろと言っているのではない。

上記のものと関連させるならば
カバンの作り方やエプロンの作り方
といった、無形の

「情報」

を販売していくのだ。

レシピであれば文章形式で販売できるし、
PDF形式にすれば一度ネットに挙げさえすれば
もしフォルダを紛失してもネットから
何度でもダウンロードしているし、
いざ販売するとなったときも
何度でもダウンロードができる。

 

次に動画コンテンツの場合も同じだ。

1本動画を作成それば
その動画はネットに公開することで
誰でも見ることができるし、
会員限定サイトに公開すればあなたの
本当に見せたい人にだけその情報を魅せることができる。

しかもその動画をYoutube
というプラットフォームに一度投稿してしまえば
コンテンツを使って価値を提供しつつ、
お客さんを集めることにだってつながるのだ。

価値ある無形の情報コンテンツは
基本的にはすべて情報であるため、
紛失の恐れがなく、保存がきくのだ。

お客さんの情報だって複製や保存できるし、
情報コンテンツだって複製や保存ができる。
だからもし消えたり潰れても何度でも復活できる。

複製も保存もきくコンテンツを主軸に商売、
いやビジネスを行えばすべてが自動化されるのだ。

 

ちなみにこのコンテンツ作りも媒体構築も
すべては真似をすることから始まる。

「まなぶ(学ぶ)はまねぶ(真似ぶ)」

という言葉があるように
すべてのビジネスもまねで成り立っているのだ。

有形物の商売、ビジネスで言うと

牛丼チェーン店が顕著だろう。
牛丼チェーン店は大きく

吉野家
松屋
すき家

という三大チェーン店があるのだが
確実に真似をしてきている。

それぞれごはんや肉、汁の分量で
それぞれの牛丼の特徴を決め、
それぞれの創作料理によって
その店の色を出しているだけに過ぎない。

 

コンビニだって

セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
ヤマザキ

たくさんあるが、商品の陳列の様や
中華まんやお惣菜ケースの配置など、
作り自体は酷似しているはずだ。

「コンテンツをどうやって作っていいかわからない」

と初心者の方は思うかもしれないが
マルパクリをすることなく、大枠をまねていけば
案外すんなりとオリジナルコンテンツを作れる。

真似ることである程度の成果を出せる
というのもコンテンツビジネスの強みだ。

 

コンテンツを作らないと
WEB不動産を構築できないので、
上記のコツをつかみながらコンテンツ作っていこう。

オリジナルコンテンツを駆使して
人を呼び込んだり、たくさんの価値を提供したりして、
媒体構築などWEB不動産のための仕組みづくりを行ってほしい。

 

第3章:成功者の心を形成せよ

自動的に収益を生み出す「WEB不動産」
を持つことで人の悩みの大半は解決する
ということと、「WEB不動産」を作るには
どうするべきかという3つをを第1章でつづった。

また第2章にて「WEB不動産」というのは
コンテンツビジネスの一部であり、
複製と保存がきくコンテンツビジネスをやることて

・ド平日にTDLやUSJ、旅行にふらっと出かられる、
・一日中自分の趣味に打ち込める
・好きなアーティストのライブう好きなだけ楽しめる
・大切な人と一緒にいられる時間が長くなる

といったような自由度の高い生活につながる
ということも含めながら稼ぎの全体像をつづってきた。

 

そう、WEB不動産を持つことで
人生の主導権を自分自身にすることができるのだ。

しかし、こうやって全体像を理解しても
実際に作れている人があまり多くないというのが現状だ。

 

WEB不動産を持つにあたって
それを実現するための心構え、つまり、
マインドやメンタルについての話をしていく。

この心の部分というのは案外侮れない。

実力者たちの心を、マインドを落とし込むことによって、
現在の自分自身から生まれ変わり成功者と同じ思考が身について
大きく成果を出すことができるという人もいるくらいだ。
私の師匠なんかそうである。

私もマインド面を勉強したことによって
成果を出せた部分もあるため、

これからWEB不動産づくりに挑戦するあなたへ
特に必要だと感じたマインドを紹介していこう。

 

<情報への投資>

見出しにもある通り、結論から言うと

「情報への投資を惜しまずにしよう」

ということだ。

医療を学ぶにはには医大へと進学し
医療を学ぶ必要がある。

医学というのは医療に関する情報、
手術や採決をはじめとした施術など
いろんな技術を要する。

それらを習得するのに
だいたい6年かかるわけだ。

医大へも通わずに

「医者になりたーーい!!」

と言ってなれるものではない
ということくらい周知の事実であろう。

それと同じで、WEB不動産を作るためには
コンテンツビジネスを学ぶ必要がある。

 

コンテンツビジネスの中には
第一章にてつづってきた、

・マーケティング
・コピーライティング
・セールス
・クロージング
・リストビルディング

のスキルだって含まれる。

私はとにかくお金をかけずに
成功することだけを考えていた時期があった。

「無料メルマガだけの知識で成功してやろう!」
「独学で成功したらかっこいいじゃないか」
「お金ないんだからできるだけ無料で!」

と、こんな腐った考えを持っていた時期があった。

しかし、それは前述のとおり、
医大に通わないで医者になろう
といっているようなことと同じである。

知識への投資なくして結果を出すことは不可能なのだ。

 

私もこの重要性を知って、たまたまある人の企画に
参加する機会を与えていた抱いた結果、
冒頭でつづってきたように
大きく結果を出すことができたし、
月収100万円の道程というのが見えたのだ。

 

知識への投資が圧倒的に
WEB不動産構築までの時間短縮になるのだ。

 

無料を求めているとかえって時間だけが過ぎていき、
あなただけの理想の世界からは遠ざかるから
しっかりと知識に投資して学び取っていく
という姿勢が大事だ。

また、一度学んだからといって
そのまま放置していても知識というのは身についていかない。

暇な時間があったら音声を聞く、
スキマ時間があったら今日学んだことを思い出す
一週間たったら学んだことを説明できるか
ブログに書いてみるということもするといいだろう。

こうやってインプットを辞めずに
しっかりとアウトプットすることで
知識というのは定着していく。

情報の雨に濡れながら
知識のインプットとアウトプットを
行っていくことで、WEB不動産構築の
スピードが加速されるのだ。

どれだけ高い情報だとしても
あとあと月収100万円を生み出すWEB不動産を作れば
元は取れるから、しっかりと情報への投資はすべきだ。

 

<99のキュレーションで一点集中>

その人の情報や教えを頼りに
ビジネスを学んでいると、
ほかの情報発信者のいうことに
気になってしまうときがあるだろう。

「あの人のノウハウが知りたい」
「あの人のやり方の方が正しいんじゃないか」
「あのビジネスであればうまくいきそうだ」

こんな感じで
ほかの人の誘惑に乗りそうになったとき
というのは非常に危険な状態だ。

頭の中で一つのことに集中せずに
他のことが気になりだすというのは
脳に負担をかけている状態であり、
それだけでエネルギーが奪われて行ってしまう。

 

やるからにはほかの情報を捨てて、
一転集中で勉強や作業をして行くべきなのだ。

私も実は過去に何でもこなそうと、
身につけておかなければいけないスキルを
片っ端から学ぼうとしていた時がある。

確かにそれぞれ身に付いた部分は大きかったが、

「これだけは負けない」
「これだけは任せておいて」

といえるものはなかったのだ。

 

やると決めたら何か特定の一つに集中して、
それを極められるまでほかのことには目もくれずに
やり続けた方がいい。

過去の私のように片っ端から手を付けると
どれもが中途半端で終わってしまうから
かえって器用貧乏になりやすい。

1つを特化させれば、ほかのスキルというのも
自然と身についてくることも多いため、
今やっていることを信じて
一転集中で結果が出るまで続けていこう。

実は私が月収5万円を初めて達成したときも、
1つのことに1か月間寝る間を惜しんで
突き詰めていた時であった。

今までは0円だったのがたった1か月で
月収5万円を達成できたのはまぎれもなく
一転集中で取り組んでいたからだ。

 

たとえビジネスでも、
ビジネスを教えてくれる師匠のいうことにしてもだ。

 

初心者のうちは我流でやるのではなく、

「この人だ!」

って思った人についていった方がいい。

 

WEB不動産を持って
お金と時間と心の溶融を持ってからいくらでも
色んな人からのコンテンツを学ぶことはできる。

WEB不動産を持つ前から
いろんな人の主張を聞いたりすると
自分の中での核がずれて誰の心にも響かない
コンテンツを作り出すことになりかねないし、

「WEB不動産を作ろう!」

という高いエネルギー状態を落としてしまい、
迷いが生じ、結果的に手が止まって作業が進まなくなって
いつまでたっても稼ぐための手段を求め続けて
WEB不動産を構築できなくなるからだ。

 

情報を発信する人は日々多くなっていくし、
10人いたらそれぞれ違う主張と切り口で
発信をしているだろう。

そんな中でも
あなたにとっての無駄を把握し
ただ1人の必要な情報ただ1つを決めて
徹底的にその人の施行を盗み取り
自分自身の中に落とし込んでいこう。

先にもつづったが、
実力者たちの心、マインドを落とし込むことによって、
大きく成果を出すことができるという人もいるくらいだ。

 

必要な情報と不必要な情報を判断し、
1つの物事だけに意識を向けて
結果を出すために動くことが重要だ。

 

 

<最初から楽を狙うな今を苦しみ楽しめ>

ここまで、簡単にどうすれば
WEB不動産を作れるかということを中心に、
かなりの情報量を詰め込んできたようにも思う。

様々な情報量で知恵熱を出したた人もいるとは思うが、
筆者が一貫していっているのが

「WEB資産を持とう」

ということだ。言い換えれば

「楽しい未来のために先に努力をしておこう」

ということ。

 

WEB不動産をもって月収100万円が生まれれば、
確かに快適に自分の好きなことを好きな時に
好きなだけ出来てしまう生活というのが待っている。

ただ何も努力せずにたった1か月程度で

「WEB不動産を作って遊びまくって暮らしたい!」

と思っている人は、普通に働いていたほうがマシなレベルだ。

これは受験期にまともに勉強もせずに
遊びながら低レベルの学校を選ぶ人たちと同じ。

自由になって、社会に悪い影響を及ぼす前に
この書籍を読むのをやめてもらいたいくらいだ。

 

しかし、こういう私も、実は
WEB不動産というのはたった3か月程度で
簡単に構築できるものだと思っていた時期があった。

この意識を変えてくれた師匠には感謝しかない。

「最初から楽を狙わずに今を苦しみ楽しめ」

という言葉を知って、
めちゃくちゃきつい日々だったが
焦りというものが消えて、着実に
レベルアップすることができているからだ。

そして、もしあなたの望んだとおりに
結果が出なかったとしても、

「この情報を流している人が悪い」
「この情報がごみなんだ」
「稼げないのはツールのせいだ」

と感情を暴走させてしまっていてはいけない。

相手を思いやることができる人が
成功できる世界でもある。

苦しみながらWEB不動産を構築するようでは
相手のことを考えられないで
自分本位の発信をしてしまったり、
とにかくお金を発生させるために
お金に目にくらんだ状態になってしまう。

 

そんな状態では
WEB不動産の構築は不可能なので
上手に感情をコントロールをしていこう。

特に

「楽しく」

学んだり打ち込めればもう占めたものだ。

 

楽しいというエネルギーは
私たちのエネルギーの燃料となる。

私だって好きなBUMPや東方神起の
情報に触れているときは自然と笑顔になっているし
やる気をもらえている。

 

これと同じで情報発信や媒体構築、学ぶことだって
楽しみながらやれれば人も集まってくる。

いうなれば人としての魅力が磨かれるから、
人が集まってくるといったところだろう。

 

何度も言っているが、
このWEB不動産を持つためには
最初から楽ができるわけではない。

そんな時こそ、楽しいという
エネルギーを変換して続けられると
モチベーションも保ちやすいし結果として
継続しやすくなってWEB不動産を持てるようになる。

日々の発信においてもビジネスの本質である

「価値の提供」

を忘れずに、感情を上手にコントロールしながら

「少しだけは努力する!」

という覚悟を持って
WEB不動産を作っていこう。

最初に頑張った結果「楽」が待っているのだから。

 

 

最後に

私だって最初こそ、

「ネットビジネス?」
「コンテンツを作る?」
「WEB不動産をもって月100収万円?」

と疑いの目しかなかったただの一般人である。
いや、障がい者、金欠無職、HSPという
サイアクの3つが揃っている普通以下の人間だ。

そんな普通以下の人間でも
時間とお金の自由を手に入れる方法が
まぎれもなくコンテンツビジネスであり

「WEB不動産を作る」

ただこれだけだったのだ。

 

何も特別難しいスキルが必要とされているわけではない。
ネットビジネスを始める人が抱きやすい
不安やうまくいくかわからない恐怖もすべて経験してきた。

今だから言えるのは迷いが生じた時こそ
行動に移してほしいということだ。

あなたの行動次第で、未来は素晴らしいものへと変わる。

 

WEB不動産づくりを通して、
今までの自分から変わることが第一歩である。

今までと同じ生活の仕方や考え方では
まずWEB不動産を作ることができないだろう。

 

どう変わっていくかを簡単に挙げると

・知識への投資
・環境をかえる
・行動を継続する

基本的な変化はこれだけだ。

 

とにかく学び続け、発信を続け
WEB不動産を作れるような環境へと身を置き、
コンテンツを作り続けたりする行動が大事である。

実はこの初歩的なことは
忘れがちだったりするので、
これからWEB不動産を作っていくうえでは
この3つは必ず覚えておいてほしいところだ。

 

あの時の私が、適当に歩んできた人生を見つめなおして

「何とかしないと!」

と将来を本気に考えて、
WEB不動産を作れるネットビジネスを始めたことは
私の人生での大きな転機となったことは間違いない。

 

目に見えないサービスや知識への自己投資は
100万近くしてきた。だから正直

「詐欺か?」
「本当にWEB不動産を作れるか?」
「こんな私でも理解できるんだろうか?」

という恐怖がなかったわけではないが、
将来取り戻せると考えたらそこまで痛くはなかった。

ほんの少しの勇気を出して一歩を踏み出したから、
生きていく価値や希望を失っていた人間でも
未来に希望を見出すことができたし、
どうしても叶えたい夢というのも生まれた。

 

こんな私だから言えることがある。
それを最後に伝えようと思う。

【何十年も苦労することなく
PC1台でのたった数年の努力で、
勇気ある行動で未来は変えられる】

ということだ。

 

私のように、いや、もっと悲惨な過去を
過ごしてきている人もいるかもしれない。

しかし、WEB不動産を持つことによって
誰にでも時間とお金の自由をつかむチャンスがある。

 

本書を手に取ってくれた人が
WEB不動産を作ってお金と時間の自由を勝ち取り、
好きなことを好きな時に好きなことができる
ストレスフリーなライフスタイルを実現することを祈っている。

 

 

著者:豆乳モカ

1996年生まれ。千葉県出身。

大学卒業後は公務員への就職予定だったが
小学校より患っていた病気の悪化により就職を断念。

重度障がい者となり普通に生きることができない身体に。

普通の人生が送れないということに
危機感と恐怖を感じ、人生に安定はないと悟る。

その後、

「お金の問題だけでも解決するしかない」

とインターネットで起業。

月収600万円の師匠に師事し、
3か月で総収益10万円を達成。

「自分を変えるためにWEB不動産を作ろう」

のコンセプトのもと、

「生きることを仕事にする世界」
「病気に強い世界」

を目指して情報発信をしながら
コンテンツ販売やコンサルティング活動をしている。

 

 

※本文コンテンツ構成

第1章:すべての悩みの根源と解決方法。

お金の問題がすべての原因

「WEB不動産」ですべて解決

・自分の頭を鍛えろ
・3種の神器を使え
・発信媒体を持つ

↓結果として

・時間とお金と心の自由の約束
・生活のコストが収入を下回る
・QOLの大幅改善と選択肢の増加

 

第2章:コンテンツビジネスの破壊力

なぜそもそもWEB不動産と呼んでいるのか
全体像を見るとコンテンツビジネスである。

→ローコストハイリターン
→稼ぎの仕組み
→コンテンツビジネスの威力

 

第3章:成功者の心を形成せよ

WEB不動産を持てば自由になれるが
やっぱりマインド大事

<情報への投資>
<99のキュレーションで一点集中>
<最初から楽を狙うな今を苦しみ楽しめ>

:最後に
WEB不動産を持つには
今までの自分を変える必要がある。

・知識への投資
・環境をかえる
・行動を継続する

これを根底にもって行動してね。

☆一貫的主張
→WEB不動産を構築すれば
明るい未来が待っているから作ろう。