make a change
自動で働き、自由を謳歌する、自分だけの人生を
豆乳モカのクッキング

初めて魚を捌く!料理人への一歩? 初心者が慣れないながらに挑戦!

おはようございます!
豆乳モカです。

先日、母の実家に行き、
棚釣りの飾りを外す作業を
した後のことです。

棚釣りの中には、鱒(鮭)が
あるのですが、その後に
困っていたようです。

今回はその時のお話です。

 

棚釣りの鮭をどうするか……。

先日、母の実家に行き、
棚釣りの飾りを外す作業を
した後のことです。

毎度毎度、この酒をどうするかを悩んでいるようです。
普通ならば、

「よし、捌いて食べよう!!」

ってなるじゃないですか。
でも、うちの場合はちょっと事情があって、
そういう発想にはならないんです。

 

なぜかというと、
祖母は叔母と二人暮らしなのですが、
神経に障害があるので、手の感覚が
ほとんどないらしく
捌くのは難しい……
(まあ、仕方ないですね……)

じゃあ伯母がやればいいじゃん!
ってなるじゃないですか。

叔母は既に退職しているのですが
脳梗塞の後遺症で手に力が入らず
魚が捌けないという……。
勤務しているとき調理しなかったの……?

という理由があるのです。
つまり、調理できるのは
綿s駆使豆乳モカだけ。。。。

だったら私がやるしかないですよね!?
ということで、人生初の魚さばきに挑戦です!!

初心者が慣れないながらに魚を捌きます!

さあ始まります。
キッチンに立って気合十分です!

鱗を落とす

鱗を落としていく……のですが、
わたしは水に充てすぎていたらしく、

この鮭は塩鮭という種らしいので
洗いすぎると塩見が落ちる

とのことで
なぜかその場にいる祖母から注意を受けました。
なぜか叔母もその場にいました。

20超えても一人でやらせてくれないのが
うちのクオリティなのです……

しっぽ側から包丁を胴体に充てて、
頭の方に撫でていけばうろこを取ることができます。
この工程だけは難なくクリアできました!

 

3枚に卸す

さあ、問題の卸しの時間です。

棚釣り用の鮭だったので、
腐敗対策ですでに血抜きはされていましたし、
内臓もとられていました。
つまり、無駄な下処理をする必要がないのです!

気まぐれクックやカズさんの動画で
捌き方は見ているので、楽勝……!!

と思っていたら、
手順はわかっていても難しいんですねこれが(´・ω・`)

 

腹が切れている→だったら次は背中k二千を入れる!
ってなってもなぜかかなりぬめぬめがあったので
全然刃が入っていきません。。。

 

骨に充てて切っていくとか
感覚ではわかっていたつもりなんですが
なかなか刃が入っていかない……。
正月の飾りのやつだから、
鮮度の関係上身が良くなかったのか、
錆びまくってた出刃包丁だから
よくなかったのか
はたまたその両方か。

 

そう今回の財布代の敵が
ぬめり
だったんです。
正直これは予想外でした。

革を引く……のは断念

時間がかかりましたが、
卸すということ自体はできたんですが、
ぬめりが全く落ちないので、
革を引くのは出刃包丁が滑るといけないので断念。

ぬめりがあってなかなかうまく派が入らず、
身が崩れまくったり、骨に身が残っていたりと
散々な結果になってしまいましたが、

何とか、調理完了!!

めっちゃ難しかったです……汗

命をいただくということ

しっかり身を切って、骨の部分も切って。
切り身と、鮭フレークのように
身をほぐしていただきました!

命をいただいているんで、
捌けないから捨てる
なんてことはしたくないですよね!!

魚たちに失礼ですし。。。
当然、普段の中でもやってはいけません。
私が大学生の頃(数年前)は
食堂にて残されて流しに捨てられるのを見ると
本当に胸が痛みました。

食材を無駄にするのは許せません
私のこの考えは、病気なので食べたくても
そんなに食べられないということも多少は影響してます

 

あなたは食事の時に

“いただきます”

“ごちそうさま”

を言っていますか?

食事は命と命のやりとりです。

食材に対して常に感謝を忘れずに
生きていかなければいけないなと改めて感じました。

そして、そのためにも
これからも、一年ごとに
鮭は鯖いていって
上達したいなと感じました。

それでは本日はこの辺で!
明日も頑張っていきましょう♪

10日でわかる!時間とお金の自由を実現する『WEB不動産の持ち方』特別講座

※あなたの常識を全て覆してしまいます。
む際はご注意ください。。

あなたは知っていますか?

たとえ誰かと遊んでいるときでも
おいしい料理に舌鼓を打っているときでも
ふかふかの布団で夢の世界にいるときでも……

ネットで自動的に半永久的に
私たちに収益をもたらしてくれる仕組みのことを。

そう、

『WEB不動産』

の存在を。

 

自動的に収益を出してくれるその仕組みは
月1万~月1000万の域にとどまらず
理論上1億円も目指せるので理論上収益は青天井。

 

しかもネットが消えない限りは永遠に建設されているので
Fxや投資と違って失う可能性も限りなく0と言えます。

一度でもその仕組みを作れば金銭的、時間的な余裕が生まれ
ストレスフリーな生活が実現できてしまうのです。

 

 

圧倒的な自由に加え、毎朝重い体を起こしつつ
どこかに出かけたり、人間環境に悩んだりする必要もなく
仕事をする場所や時間もやるやらないも
すべてあなたの思い通り。

WEB不動産を持つだけで誰もが
ノーリスクでこんな生活を送れる可能性を秘めています。

 

こんな圧倒的な自由な生活を実現させるには、

  • 自動的に収益を出し続けてくれる
    『WEB不動産』を構築すること
  • 私たち一般人でもできる
    とある配信システムを活用する
  • お客さんを集めて物の魅力を伝えて
    勝手に売買が起きるようにする

たったこれだけです。
やっていること自体は非常にシンプル。

 

この世界を知った私も
真面目に数か月実践した結果、
家から一歩も出ずに総収益
10万円を突破することができました。

 

昔の友人に近況を話したときには
「そんなのありえないよ!!」
と言われましたが、ありえる世界なんですね……。

 

まあ2割の人しか知らないので
当然っちゃあ当然かもですが、私は

・金欠
・浪人
・週3通院
・障がい者
・情緒不安定

という普通の人以上にハンデが多すぎる人間です。

 

そんなどん底な私でも運よくビジネスに出会い、
適切な知識を教えてくださった指導者に運よく巡り合えたので
人生が大きく傾き始めています。

 

毎月100万円自動で安定して入ってくれば
もう医療費に困ることもないし好きな調理器具を買ったり
温泉旅行に行けるしガーデニングも心置きなくできるようになる。

自分磨きに時間をかけることができるから
今以上に服装、美容、コミュニケーション能力も意識できるから
圧倒的な自信をつけることができる。

人間関係にびくびくしながら生きてきたけれど、
自分の好きな人たちとだけ好きなだけ一緒にいられるし、
一緒に好きなアーティストのライブに参戦する仲間だってできるかもしれない。

 

WEB不動産を持つメリットを挙げると
わくわくがとまりませんね!!

 

どん底だった私に生きる希望や
夢を与えてくれたのはまぎれもなく

「ビジネス」

であると言えます。

 

 

金欠浪人週3通院ブロガーの私だってできるのだから
あなただって正しい知識と正しい努力で結果を出すことはできます。

 

しかも、私も最初のうちはこのWEB不動産である
自動収益の仕組みづくりに躓いていたので

「怖いな……」
「怪しいな……」
「詐欺なんじゃないか……」
「どうやったら自動で収益が出るのか」
「何から始めればいいんだろう」

という不安や懐疑を抱く人の気持ちも痛いほどわかります。

 

だから何から始めればいいか、
どうやって作っていけばいいかを
誰でも理解できるように解説しました。

私のメルマガを読んでいただければ
このWEB不動産の仕組みは理解できるはずです。

そのほかにも、

☑WEB不動産を立てるにはどうすればよいか
☑学校では教えてくれないお金の秘密
☑普通では気づけない世の中の仕組み

などなど、自己投資に90万をつぎ込んで成功した先生や
月収600万を超える師匠から伝授された知識も、
豆乳モカ公式メルマガにて無料で暴露しています。

 

その結果として、

 

「わかりやすくて助かります!」
「そんな仕組みだったんですね!」
「これで仕組みが作れそうです!!」

 

とたくさん

「ありがとう」

を言ってもらえるようにもなりました。

私は、昔の私と同じようにお金に日々の生活に苦しみ、
疲れ切って希望を失っている人に少しでも
手助けになれればいいな、という思いで
主にメルマガで超有料級の情報を無料で発信しています。

 

  • 時間やお金に悩むことのない
    自由なライフスタイルに興味がある、
  • まだあきらめきれない夢がある
  • 自動収益が出るWEB不動産に興味がある

ってあなたはぜひ1日10分だけ読んでみてください。

今なら、30分で2万円の
収益を出せる無料プレゼントも配布中!
※期間限定なのでお早めに!

解除はいつでもできますので、
まずは1日10分だけ読んでみてください。

 


※このメールはあなたのアドレス宛に
無料でお届けしていきます。
不要ならすぐに解除可能ですし、
プライバシーも
厳重に管理いたします。