make a change
自動で働き、自由を謳歌する、自分だけの人生を
東方神起

東方神起TREE OF LIFEの歌詞に学ぶ、与え・与えられの関係

おはようございます!
豆乳モカです。

本記事では、歌詞解釈をやってみます。
歌詞(歌)の根底には
1つのメッセージが込められている
と考えています。

歌詞からそれを読み取って
どう生かしていくべきか
というところまで
お話してみようと思います!!!

今回は東方神起の
“TREE OF LIFE”の歌詞解釈です。

それでは行ってみます!
(豆乳モカの目線なので、間違っているとかやめてください)
(こんな視点もあるよと思った方はTwitterにて教えてくださいね)

TREE OF LIFE

2014年に発売されたアルバム
『TREE』に収録されている
1曲です。

 

どんなことを
あなたに
訴えているのか。
考えてみようと思います。

歌詞全文

まずは歌詞全文のご紹介です。

TREE OF LIFE

名も無い双葉が この場所に芽吹いて
光ある空に向けて 懸命に幹を延ばし
いつの日にか揺るぎのない 大きな木になっていた

春にはその枝に 真紅の花を付け
沢山の 微笑みを咲かせていた
夏には燦々(サンサン)と 陽の光を浴びて
また固く根を延ばす

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

紡いだ愛こそが 大きな木を支えた
与えることだけではなく 与えられるだけでもなく
こんなにも太い幹が その枝に花を付け

秋にはその花が 多くの実を結び
満ち足りた 歓びを踴らせた
冬には葉が落ちて 一面を敷き詰め
新たな種が息吹く

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

足下深く根ざしてきた 絆は遙か時を越え
枯れることなく繋がってる 永久に

膨らんだ蕾が 花へと開く時
変わらずに この場所で出会おう

必ず春が來て 枝には花が付き
満開の 微笑みが咲いている
歓びの涙が 地表を伝わって
花もまた咲き誇る

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

守りたい奇跡が そう ここにある

 

 

One message

この作品から読み取れる
ものは”生(セイ)”です。

植物のライフステージと
人間のライフステージが
かなりマッチしているので、
東方神起の曲の中でも
かなりメッセージ性の強く、かつ、
異質のものといいましょう。

 

解釈

優しい始まりから
徐々に早大になって行きます。。。。

名も無い雙葉が この場所に芽吹いて
光ある空に向けて 懸命に幹を延ばし
いつの日にか揺るぎのない 大きな木になっていた

この歌詞を見るだけでも
その背景を想像できますよね。

植物は、本当に何もない
タダの水溜りや泥にまみれた
アスファルトの下から力強く
成長していきます。

植物の生命の強さが表れています。
でもこれって人間も同じことが言ますよね。

 

 

春にはその枝に 真紅の花を付け
沢山の 微笑みを咲かせていた
夏には燦々(サンサン)と 陽の光を浴びて
また固く根を延ばす

植物においてのライフステージとして、
芽が出た状態から背丈を伸ばして
花を咲かせるというのはかなり
スピードが速いですよね。
春から夏はまさに
成長期真っただ中です。

これは人間も一緒。

いま世間に強い影響をもたらしてる人や
各界で活躍している人。どんな人でも最初は
人間の生という奇跡の中からのスタートです。

この歌詞における春や夏は人生で言えば
まさに10代~20代。

若ければ若いほど成長のスピードは速く
子どもも一気に大人になって行きますよね。

植物も人間も
輝ける未来に向かってぐんぐん成長していく。

これについては共通しています。

 

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

立派に木といえる状態になってしまえば
動物たちは気に住処を作ったりしますし、
人間は花見をしたりして、新たな出会いに
胸を躍らせたりします。
いろいろな生命が集まってきます。

人間においても、木という立派な大人という存在になれば、
(木=成人とすると)
開けたコミュニティに所属することになるので、
人と出会うことになります。

文字通り
”この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む”
というわけですね。

 

紡いだ愛こそが 大きな木を支えた
与えることだけではなく 与えられるだけでもなく
こんなにも太い幹が その枝に花を付け

紡いだ愛が木を支える。
人間を中心とした視点では
しっくりとこない表現かもしれませんが、
動物中心の視点では
しっくりとくる表現でしょう。

動物たちの中には
木の上で一生を終える動物も中にはいます。

ちょっと見方を変えれば、
木のもとに集う生命はすべては
愛という感情のもとに生まれてきている
といっても過言ではありません。

人間
⇒最初こそ独り身でも
愛する人と出会い、
愛する子供が生まれれば、
木のもとに愛する子供と虫を捕まえに来たり
愛する人と花見をするということも
起きてくるでしょう。

動物
⇒サルや鳥の仲間、イグアナなんかは
求愛行動の後に木の上で
生活をするようになります。
昆虫たちも同様です。

こういうものがいなければ
木も生きていくことはできないでしょう。
もちろん、自分の葉っぱを食べられたり、
命を懸けて作り出した木の実を
奪われてしまうことも多々あります。

しかし、彼らが息絶え
土と根の境目に横たわれば
身体は土に還り、木の栄養となります。

更に、木のみだって無駄に食べられることはなく、
肝心の種はフンの中に残っていることも多く
いろんな場所へ子孫を繁栄させることもできます。

 

こう考えれば愛が木を支えるというのは
結構的確な表現といえるでしょう。

そう、これぞまさに
与え、与えられの関係。

 

動物の生にも役立ち、
自分自身の生にも役立つ関係。

こうやって力をもらいながら
花を咲かすんですね。

 

 

でも人間だって、おんなじです。
先ほどのように木を成人とすれば
立派な成人になるにはたくさんの人からの
愛が必要不可欠です。

自分という存在が周りの人間に何かを与える場合もありますし、
他の存在が自分にいろいろ与えてもくれます。

同じことがいえるということがわかるかと思います。

人間に置き換えても
与え、与えられの関係。
これは切っても
切り離すことはできないようです。

 

 

秋にはその花が 多くの実を結び
満ち足りた 歓びを踴らせた
冬には葉が落ちて 一面を敷き詰め
新たな種が息吹く

前述の与え、与えられの関係。

動物の生にも役立ち、
自分自身の生にも役立つ関係を維持することで。
実を付けます。

冬には自身の葉を土に返し
その付近の栄養を補給し、
子どもたちが育てる環境を整えます。

実という明らかにほかの生命へ
与えられるものがなくなっても
自分の身を削って与えていきます。

 

 

人間も、親になれば自分の生活の一部を
わが子のの成長のために割いたり、
自立できるように様々なことを教え、育てていきます。
おじいちゃんやおばあちゃんになってしまえば
最大の愛情をもって孫に接していくでしょう。

どちらもライフステージが
後半に移る場面となります。

 

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

木とともにある人生
こういう表現でも
何らおかしくないということが
前述の事柄から
お判りいただけたでしょうか。

 

足下深く根ざしてきた 絆は遙か時を越え
枯れることなく繋がってる 永久に

根を絆ととらえ
どんなものにもつながっている
という表現です。

動物だっていろんな食物連鎖の中に
生きています。

例え動物の一個体が
自分のもとで命を落として
地に還っていっても
その土というのは遥か昔から行われてきた
命のやり取りというのは
おわかりいただけると思います。

土に含まれる食物連鎖のエネルギーこそが
生命との絆ととらえることができるからです。

 

 

人間も同じで、
その人一人が生を全うする中で
いろんなものと繋がってきているはずです。

全てが永遠につながる
生命のサイクルです。

 

膨らんだ蕾が 花へと開く時
変わらずに この場所で出会おう

植物であれば、
つぼみ=恵みを生み出せない
花=恵みを与えられる
ともとることができます。

秋から冬にかけては
木はこんな状態に陥ります。
恵みを与えることができない状態ですね。

動物もそれを察知しているのか、
冬眠という選択を取る種もあるほどです。

 

 

 

人間でいえば、
つぼみ⇒花という樹木のライフステージのように、
親から子へ代替わりが行われたのかもしれません。
常に成長を見守ってくれていた木に対して
『あなたが花を咲かせる頃に
新たな命とともに訪れるよ』
という約束を交わしているのかもしれません。

つまり、花が咲く=成長したら
この場所にまたこようと、とることもできると思います。

 

 

必ず春が來て 枝には花が付き
満開の 微笑みが咲いている
歓びの涙が 地表を伝わって
花もまた咲き誇る

そして季節も移り替わります。
花と呼応するように、
生命の笑顔も集うようになります。

ここでは”歓びの涙”という表現ですが、
ほかにも目に見えないエネルギーを
植物は受け取っていると推測できます。

生命のサイクルという目に見える
有形の循環というのもありますが、
このような目に見えない無形のエネルギーの循環もあって
樹木はまた花を咲かせることができるのです。

 

その循環には人間も含まれているでしょう。

そんな人間は、春というのは出会いと別れの季節。
植物のようにいろんなサイクルのエネルギーをもらって
人間の笑顔もまた生まれて行くようです。

 

僕たちは この木の下(モト)に出會い生(セイ)を育む
生きていく場所はずっと そう 変わらない

守りたい奇跡が そう ここにある

樹木というのは長生きです。
人間なんかよりも。
その季節が来れば
花を咲かせるし
実をつけるし、
葉を落とします。

全ての生命に与えることができる存在。
この樹木の存在こそ
守るべき奇跡ではないでしょうか。

 

 

もちろん人間だって同じ。
植物のように、春や夏=若いうちは
どんどん成長しますが、秋や冬のように
つらく厳しい時もあります。
それでもまた喜びや悲しみを繰り返して
樹木のようにたくましく生を全うしていく。
しかも、人間唯一の知恵や感情だってある。

この人間というサイクルも
尊い生命のサイクルのうちの一つ、
守りたい奇跡といえるのではないでしょうか。

と考えると、
植物の一生と、
人間の一生もなかなか同じことが
言えるというのがわかるのではないでしょうか。

生について
考えさせられる歌でした。

 

与えるだけでなく与えられるだけでもなく

この歌の解釈として、
生命をテーマに掲げて先に解釈をしましたが、

実はもう一つ重要な部分があります。

それは

与えることだけではなく 与えられるだけでもなく

という部分です。
じつは私が言いたかったのはこれです。

この部分は隠されたメッセージではないかと私は考えます。

 

歌詞の表向きは生が強く出ていますが、与え与えられというのも切り離すことが出来ない重要な視点です。

 

もちろん、木の生命サイクルと人間の生命サイクルは
非常に似通っているので、まずは入りやすいように
生という観点から解釈をしました。
生を持てなければ、このマインドを
持つ(意識する)ことができないからです。

 

与える側を生産者、
受け取る側を消費者とでも言いましょうか。

先に行っておきますが、
植物はこのスタイルを貫き通しています。

動物たちに住処を提供し、
動物たちは気に生命の糧を
自ら提供します。

そう、生産者であり、消費者でもあります。

 

考えてみてください。。。
ここ数年、人間の形態として、
めちゃくちゃ与えられて生活しているはずなのに、
感謝をする・返していくということが
できていないように私は感じます。

返していこうというマインドが
明らかに足りていないのです。
常に”消費者の私えらいだろ”見たいな人が目立つのです。

もっと言えばただただ情報やサービスを
受け取るだけの人間が多いと思うんです。

 

 

例えば、
料理屋に行ってご飯を食べるときもそうですよね。
お客だからと言ってクレームや文句を平気で言う。。。

他にも、森の中でキャンプをする。
それなのに、バーベキューであたりを
よごしてそのまんまとか。。。。

海という生命の源にごみをポイ捨て。。。。

そんな人にはなりたくはありません。

『じゃあ料理屋とかで何ができる』
と言われそうですが、
店を後にする際に食べたものを一か所にまとめるとか
出されたものは極力食べて破棄を出さないようにするとか。
やりようによってはいくらでもありますよね。

自然の中で生活を共有したら、
来た時以上にきれいにして帰るとか

海にごみを捨てないとか。
人間のごみの生で、海洋生物の命に
危害が加えられるなんてもってのほかです。

返していくというマインドを持てば、
こんな風にできるはずなのです。

 

 

 

日本には【恩返し】という
素晴らしい言葉があります。

いい思いをした後は
その思いを生み出してくれた人に何かを返す。。。

些細なことでもこういうことって、
必要になってくると思うんです。

 

 

常に消費者視点の人間では
人としての成長というのは見込めません。

いかに返していくか、生産者マインドに移行するかが
人間性の成長ってところを見たときに
非常に重要な視点になります。

 

 

 

 

結論として、
与えるだけでなく与えられるだけでもなく
という歌詞の部分から、
恩返しというところを意識して、
どんどんお世話になったものはその人に
返していこうってことを言いたかったんです。

 

与える側と与えられる側両方の意識を持つ
ということを意識して、人間としての
レベルアップにつなげていきましょう♪

 

 

 

最後にもう一度MVを貼ります。

人間と木の生命のサイクルを当てはめて、
また、与えられる人間、与えられる人間という
部分に注目しながら聞いてみてください。

それでは本日はこの辺で!
明日も頑張りましょう♪

 

 

 

※めっちゃ余談ですが、
東方神起のライブのオープニング衣装。
この時が一番好きでした(笑)

最初のchampionとTREE OF LIFEで
木を基調としているのに
(木の刺繍が入っているのに)
色と雰囲気がガラッと変わるのが大好きです。

champion

TREE OF LIFE

あなたはいかがですか?

10日でわかる!時間とお金の自由を実現する『WEB不動産の持ち方』特別講座

※あなたの常識を全て覆してしまいます。
む際はご注意ください。。

あなたは知っていますか?

たとえ誰かと遊んでいるときでも
おいしい料理に舌鼓を打っているときでも
ふかふかの布団で夢の世界にいるときでも……

ネットで自動的に半永久的に
私たちに収益をもたらしてくれる仕組みのことを。

そう、

『WEB不動産』

の存在を。

 

自動的に収益を出してくれるその仕組みは
月1万~月1000万の域にとどまらず
理論上1億円も目指せるので理論上収益は青天井。

 

しかもネットが消えない限りは永遠に建設されているので
Fxや投資と違って失う可能性も限りなく0と言えます。

一度でもその仕組みを作れば金銭的、時間的な余裕が生まれ
ストレスフリーな生活が実現できてしまうのです。

 

 

圧倒的な自由に加え、毎朝重い体を起こしつつ
どこかに出かけたり、人間環境に悩んだりする必要もなく
仕事をする場所や時間もやるやらないも
すべてあなたの思い通り。

WEB不動産を持つだけで誰もが
ノーリスクでこんな生活を送れる可能性を秘めています。

 

こんな圧倒的な自由な生活を実現させるには、

  • 自動的に収益を出し続けてくれる
    『WEB不動産』を構築すること
  • 私たち一般人でもできる
    とある配信システムを活用する
  • お客さんを集めて物の魅力を伝えて
    勝手に売買が起きるようにする

たったこれだけです。
やっていること自体は非常にシンプル。

 

この世界を知った私も
真面目に数か月実践した結果、
家から一歩も出ずに総収益
10万円を突破することができました。

 

昔の友人に近況を話したときには
「そんなのありえないよ!!」
と言われましたが、ありえる世界なんですね……。

 

まあ2割の人しか知らないので
当然っちゃあ当然かもですが、私は

・金欠
・浪人
・週3通院
・障がい者
・情緒不安定

という普通の人以上にハンデが多すぎる人間です。

 

そんなどん底な私でも運よくビジネスに出会い、
適切な知識を教えてくださった指導者に運よく巡り合えたので
人生が大きく傾き始めています。

 

毎月100万円自動で安定して入ってくれば
もう医療費に困ることもないし好きな調理器具を買ったり
温泉旅行に行けるしガーデニングも心置きなくできるようになる。

自分磨きに時間をかけることができるから
今以上に服装、美容、コミュニケーション能力も意識できるから
圧倒的な自信をつけることができる。

人間関係にびくびくしながら生きてきたけれど、
自分の好きな人たちとだけ好きなだけ一緒にいられるし、
一緒に好きなアーティストのライブに参戦する仲間だってできるかもしれない。

 

WEB不動産を持つメリットを挙げると
わくわくがとまりませんね!!

 

どん底だった私に生きる希望や
夢を与えてくれたのはまぎれもなく

「ビジネス」

であると言えます。

 

 

金欠浪人週3通院ブロガーの私だってできるのだから
あなただって正しい知識と正しい努力で結果を出すことはできます。

 

しかも、私も最初のうちはこのWEB不動産である
自動収益の仕組みづくりに躓いていたので

「怖いな……」
「怪しいな……」
「詐欺なんじゃないか……」
「どうやったら自動で収益が出るのか」
「何から始めればいいんだろう」

という不安や懐疑を抱く人の気持ちも痛いほどわかります。

 

だから何から始めればいいか、
どうやって作っていけばいいかを
誰でも理解できるように解説しました。

私のメルマガを読んでいただければ
このWEB不動産の仕組みは理解できるはずです。

そのほかにも、

☑WEB不動産を立てるにはどうすればよいか
☑学校では教えてくれないお金の秘密
☑普通では気づけない世の中の仕組み

などなど、自己投資に90万をつぎ込んで成功した先生や
月収600万を超える師匠から伝授された知識も、
豆乳モカ公式メルマガにて無料で暴露しています。

 

その結果として、

 

「わかりやすくて助かります!」
「そんな仕組みだったんですね!」
「これで仕組みが作れそうです!!」

 

とたくさん

「ありがとう」

を言ってもらえるようにもなりました。

私は、昔の私と同じようにお金に日々の生活に苦しみ、
疲れ切って希望を失っている人に少しでも
手助けになれればいいな、という思いで
主にメルマガで超有料級の情報を無料で発信しています。

 

  • 時間やお金に悩むことのない
    自由なライフスタイルに興味がある、
  • まだあきらめきれない夢がある
  • 自動収益が出るWEB不動産に興味がある

ってあなたはぜひ1日10分だけ読んでみてください。

今なら、30分で2万円の
収益を出せる無料プレゼントも配布中!
※期間限定なのでお早めに!

解除はいつでもできますので、
まずは1日10分だけ読んでみてください。

 


※このメールはあなたのアドレス宛に
無料でお届けしていきます。
不要ならすぐに解除可能ですし、
プライバシーも
厳重に管理いたします。