make a change
自動で働き、自由を謳歌する、自分だけの人生を
webビジネス

【ママにあいたい】から学ぶ人の価値観と忘れてはいけない1つの意識

おはようございます。
豆乳モカです。

先日、youtubeを
作業の一環としてみていたら、
衝撃的な作品のゲーム実況動画が
私の目に留まりました。

前面はホラーになっているものの、
とんでもなくメッセージ性の強いゲーム
ということがわかりましたので、

私なりの言葉で、
このフリーゲームから学べること、
忘れてはいけない視点について
お話していこうと思います。

ママに会いたい

そもそも【ママに会いたい】
とはいったい何なのかについては
軽く触れている通り、フリーホラーゲーム
の一種になります。

 

 

 

 

ゲームを始めると
なぜか両腕がなく、言葉が幼稚な
中世的な顔立ちをした青年がベッドに
横たわっているところから始まります。

色に関しては

  • 灰色

この4色だけです。

これだけで、いろんな声を聴きながら
いろんな人物の助けを借りながら
とある場所をたくさん散策しながら
ママに会いに行くというストーリーになります。

人の価値観の恐怖

で、この作中の中で
人間の負の面が前面に押し出されている
そんな場面があります。

ネタバレしないように触れていきますが、

【ママの意思によって
命の価値が変わっている】

これが最も怖いところです。

 

この物語の中には

お姉ちゃんとお兄ちゃん、
おねにいちゃんといったような
人物が出てきますが、
全員がママに望まれなかった存在
だったのです。
※実際にプレイするか
ゲーム実況者の動画でご確認ください。

唯一主人公だけは望まれていた存在であった
という場面が存在しています。

 

 

かなりひどい書き方をしてますが、
事実なのです。

実際問題、
生まれ来る子供たちだけではなく、
私たち既に生きている人間だって、
同じことを言えるでしょう。

 

あなたは命の重さについて考えたことはありますか?

 

皆が口をそろえて

【命は大事だ】
【命に思いも軽いもない】

というと思いますが、
実際かなりの人が、価値観によって
命の重み、つまり、命の価値を
忖度しているということになります。

命の重さは平等

これについては言わずもがな
誰もがわかっていることでしょう。

ですが、今までのことを考えてみてください。。。

 

あなたは食べ物を普通に残しますよね?
特に野菜だけ食べない、魚の煮つけは食べない
そんなことはしていませんか?

普通に生活してて外を歩いているとき、
下を見たことはありますか?
祖いらず知らずのうちにアリさんたちを
踏みつぶしていますよね。

殺虫剤ってご存知ですか?
ベープや蚊取り線香なんかもそう、
ゴキブリホイホイとかもそうです。
あなたの周りに来るかやハエは
手でつぶしてはいませんか?

あなたは洗顔をしたり、
布団を干しますよね?
そこには一杯だにとか人の肌に住む
無視立っているので、彼らを殺している
ということになります。

 

……とこんな感じで、
もう上げだしたらきりがありませんが、
自分より格下に見ているときに関しては
平気で相手を傷つけたり、命に係わる
重大なことをしたりしているのです。

 

命の重さは平等!
命は大切!

 

といっている割には、
人間全く、この自然界で
共存している生物に対しては
全く尊重していないですよね。

ビジネス的な視点で言えば、
こうやって格下に見て、どうでも良い
というようにふるまってしまう
対象には3shareが含まれていない
ということがわかります。

3shareとは

  • time share
  • mind share
  • pocket share

この3つです。

時間を一緒に共有している、
心を共有している、お金を共有している
という感じです。

たとえば人間、犬、魚、ハエ

という感じで見ていきます。

 

人間は人間にとって同じ種族ですし、
一緒に過ごすにはお金を使うことになるし、
いろんな感情もぶつけますし、同じ時間を共に
過ごすことになります。

犬は言語が通じないのですが、
人と同じようにこの3shareは
獲得されているというように言えます。
「にゃんこちゃん!」
「わんわん、今日もいいね!」
みたいな感じで、家族の一因とも呼べる存在まで
その地位を確立しています。
ていうか、犬や猫の動画は
単純に癒されますよね(笑)
私もよく見てしまいます!!

 

魚はどうでしょう。買う・飼う
場合にお金をかけていますが、
そこまで心には残っていない
のではないでしょうか。
“交流”ができないので”鑑賞”
というところに落ち着いているのです。
また、その証拠に動物を捌くのを見て
心が痛むという人は多いですが、
魚を捌くのに抵抗を感じる人は
あまりいませんよね。

最後にハエはどうでしょう。
むしろshareしたくない存在と思われる
つまり、3shareを獲得していない存在です。
それに加えて人が好感を持っているかということにも
命の価値が忖度されるということがわかります。
あまりいい印象を持っていないので、

「ひぃ~~でた!」
「早く何とかして!汚い!」
「キャー!!!!」

みたいな感じで、【殺虫剤】という
わざわざ殺しにかかる商品を
人間は生み出しているほどです。
この傾向は特に”虫”にカテゴライズされる存在が
多いのです。。。

 

 

でも、人と人の間でもハエのように
扱われてしまう場面というのもあるんですね。

例えば、腹違いの子供とか
望んでいないわが子とか。。。。
血が繋がっているのに望まれない存在になってしまう
ってなかなか悲しいですよね。
子どもに何も罪はないのに。。。

 

こんな感じで、
命の重さは平等といっていても
3shareが行われているか、好感があるか
によって命の価値が変わってきてしまうのです。

これが人の
価値観の恐怖なのです。

 

ですが、忘れてはいけないのは
人間だって、犬だって、魚だって、
ハエだって。命ある存在ということ
自体は何一つ変わっていません。
大切な生きとし生ける存在なのです。

私・あなた自身の存在。忘れてはいけない1つの意識

命は3shareの獲得と
その存在の好感によって
価値が変動してくるというお話をしました。

これこそが、人間の恐ろしい面の

命の価値観の変動

ということは説明した通りです。

 

ですが、忘れてはいけない
もう1つの視点があります。

【命は繋がっている】

という感謝の意識です。

 

これはあまり説明しなくても
わかっているとは思いますが、
改めてお話しますね。

 

この【ママに会いたい】という作品の中でも、
主人公がママのもとにたどり着けるように
お姉ちゃんやお兄ちゃん、おねにいちゃんが
協力して行く道の障害物を取り除いていきます。

結果的に命を落とす者も
現れてきます。

 

そうしてやっと、
主人公はママのもとにたどり着けるのです。
結末はあなたの目で確認してください。

 

 

・・・・・・・

 

 

そうやって、主人公が
生き延びるために身内が犠牲になったり
仲間が犠牲になるというのはよくある話ですよね。

でも、これをよくある話
だけで終わらせてはいけないんです。

その少ない犠牲の一つとなった命も、
とんでもない歴史の一つであり、
命のバトンによって存在が
保たれているものです。

 

例えばこれを読んでくださっている
あなた自身。

あなたには両親はいますか?
兄弟はいますか?
祖父母はいますか?
おじさん伯母さん、いとこはいますか?

この狭いつながりだけを見ても
かなりの命が繋がっています。

勿論、結果論だけではありません。

私たちが生きていくには
他の生物の命を奪って
食さないといけません。

1日3回程度の
食事を見ても、
多くの生物の命の上に
私たちは存在しているんだ
というのが実感できるはずです。

 

こういったところも
命の繋がりです。

 

 

こう考えてしまうと、
簡単に3share1がないから
だとか、好感がないからだとか

「こいつ嫌だから」
「こいつマジ無理」

なんてことは言ってられないじゃないですか。
嫌だったらいやなりに、学べばいいんです。

「こういうようにはなりたくないよな」
「こいつを反面教師にしてやろう」

とか、そういった広い視野で
物事を見ていけば、そういった意味では
あなたの学びにつながりますので、
繋がっていくんですね。

嫌でもなんでも
繋がりの意識をもって
接していくといいですよね。

 

もちろん、
全ての生命を尊重する
というのは人間的には不可能かもしれません。

そんな時は【つながりの意識】を
もって日々生きていくといいんですね!

「あいつとのつながりがあったから学べた」
「食材たちの命の上に私は成り立っている」
「お父さん、お母さん、じいちゃん、ばあちゃんがいたから。。」

こうやって存在していること、
命あることに感謝して生きられれば
いいなって私は思ったのです。

 

これがホラーゲーム、
【ママに会いたい】から
学んでぜひともあなたに伝えたいな……って
思ったことです。

かけがえない命。

こう考えると、
日本人の若者、嫌、
多くの人が口をそろえて言う

「生きてるいみあるのかな」
「どうして生きてるんだろう」
「何のために生きているのかわからない」

というのはヤバい言葉ですよね。
自然界の営みを侮辱しているに等しいのです。

 

生をもって生まれたからには
つながりの意識のもと、世の中に
返さなきゃあいけないんです。

 

あなた1人の命は
かけがえのない存在なんです。

命のバトンを受け継いだ
あまたのつながりの上に存在しているのですから。

 

本当に重いんです。
あなたは至高の存在なのです。

他人にとやかく言われる必要はないのです。

 

他人になんか言われて気を病んでしまう
ってのは愚の骨頂です。
堂々と生きていきましょう。

囚われではなくあなたの役割を全うする生き方を

といっても、
他人の評価を気にすることができない
というのが無理なのも事実です。
私自身がそうですからね。

 

だからこそ、何かにとらわれないで
強く生きてほしい。そんな風に思います。

あなたを馬鹿にする職場があれば
即やめればいいし、
生きづらいと思ったら
しっかり休んで英気を養うべきなんです。

 

よくある社会のルールに
沿って生活しているようでは
あなたの役割は全うできないでしょう。

人間生まれたからには何かしらの役割がある。
そんな風に私は思っています。

たった一度の人生何かにとらわれて生きるなんて
嫌じゃないですか。

 

あなたは大切な存在なんです。

 

だからこそ、あなたが幸せになれる
生き方をしてほしいし、つながりは
しっかり感じ取れる人であってほしい。

そんな風に思ってます。

 

ママにあいたいの感想兼解釈

最後に、【ママにあいたい】
というある種の問題作についての
感想兼、解釈を述べていきます。

がっつりネタバレしているので、
作品を見ていない、プレイしていない
というあなたは読まないでくださいね。

 

 

【ママにあいたい】の簡単な流れと感想、解釈

 

ーーーーここからネタバレーーーー

この作品の舞台は、見たら
わかる通り母親の子宮です。
そこから腕のない少年が
母親を探しに行くのですが、

【カンシ】という
鬼ごっこの鬼のような
存在が徘徊しており、
捕まるとゲームオーバーです。

 

母親の子宮、母に会いに行く
というところでピンと来た人も
いるかもしれませんが、
この主人公たちはみな
受精卵の存在であることが
うかがえます。

それゆえに性別がわかりにくい
中世的な顔立ちをしている
のではないでしょうか。

 

そして、
主人公の前には
1人目、2人目
3人目、4人目
5人目
といったような
子どもたちの存在がいて、
みな主人公のより年上の立場で
あるとも明かしています。

また、主人公と双子の兄
以外全員目が赤くなっています。
目が赤くなっているというのは
既に亡くなってしまった
ということを表しているのだそう。

 

主人気がママにあえるように
全員で協力しながら進んでいくのですが、
その道中とクライマックスにて
1人目や2人目は彼女が望まずして
生まれた子であることが明かされ、
(つまり、強姦が考えられます)
3人目、4人目も同様に
彼女に見向きもされないまま
命を落としてしまっている
ということが明かされます。

刺殺、撲殺といったように
悲惨な最期を迎えているからです。

 

私はこの時点で
怒りと悲しみがこみ上げてきました。

どうして断らなかったんだ
どうして身体を許したんだ
子どもを授かる可能性。。。

全ての起こりうる可能性を考えれば
こういう未来は避けられたはずだと思い、
この子たちの母親に腹が立ちました。

 

しかし、この子らの父親と
思われる人物からはこの子たちの
母親はいい扱いを受けてこなかった
とも取れる場面が出てきたので
彼女も被害者なのかとも思ったのです。

理由が理由なだけに
全員が幸せにはならない
というのが悲しくなってきたんですね。。。。

そして、5人の
命をつなぎながらようやく
ママのもとにたどり着いた主人公にも
悲劇が待っていたんです。。。

うねうねと生太

この作中にはキーアイテムが存在します。
このアイテムの入手によって
芯のエンディングにたどり着けるか
という分岐になるので、超重要アイテムです。

その1つに【うねうね】
というものがあります。

説明文を見る限り、
陰毛ととらえることができます。

 

ママにあいたいという作品の
数々のブログでもこれについての
意見が割れたりしているものですが、
このうねうねは4番目が
意図的に残していったものだと
私は考えます。

バッドエンドの1つでは5番目の兄が
4番目に乗っ取られて主人公を
死に追いやる(ゲームオーバーにする)
という話があります。

4番目が乗りうつっているものは
吹き出しが若干おどろおどろしいもの
になり、5番目にその症状が出ていたからです。
そして、4番目は乗り移ることができる
ということがここで明確に描かれています。

 

そして、トゥルーエンドにて
主人公が母親を刃物で刺すという
悲劇が起きます。

この時の主人公の目の色が
【赤】くなっていたんですね。

【赤い目】というのは
前述の通り、もう既に
亡くなっている1,2,3,4人の
兄弟の目に共通しているものでした。

このことから、ママにあいに行く際に
主人公にもたせ、陰毛として目立たない
ところで催眠にかけるかのように
主人公の意識を残しつつ徐々に
乗り移っていったのでしょう。。。。

ママにあったときに
いつでも恨みを晴らせるように。。。

ママの言葉

ママは最後の双子だけは
しっかりと育てる!!
というようなニュアンスを
作中で口にしています。

この双子というのが
主人公と双子の兄のこと。
つまり、5,6万目の子供ですね。

最後の最後に医師に言われていた
どちらかは助からないという言葉が
現実になってしまいますが、
それでも5番目、生太は
ママのもとにたどり着けました。

めでたしめでたし。。。
とはいかなかったんですね。
前に書いているように
【うねうね】によって、
4番目の意識が生太に
乗り移っているからです。

ママに生太があった時、
4番目の意識が生太の意識を
上書きして、4番目の意思で
ママを刺してしまうのです。。。

で、
ここからなんですが、
私が最も引っかかったのが、

ママの言った言葉、

【やっと会えたのに。。。生太】

という言葉を、もう成長して
高校生~大学生くらいの青年
となった生太に向けて言ったのです。

生んだ時にあっているよね?
赤ん坊の状態であっていない?
何で成長してからが初対面なんだ?

この時の私は混乱しました。

成長してからじゃないと
逢えない何らかの理由があると考えました。

考えられる理由としては
いくつかあります。

①生太が養子に出された説

結局金銭的に育てるのが不可で
そのまま生太は養子出された。
その後本当の母親の存在を知り、
ママにあいに行ったところで
意識が途絶え、4番目に乗っ取られて
殺人まがいのことをした

②別離され、その間に関心が薄れた説

ようやくわが子と対面するも
緊急を要する容体で即離れ離れに。
ずっと合わせてもらえず、
ようやく彼が回復したころには関心が薄れ
そのまま生太は孤児になってしまった。
何らかのきっかけで母親の存在を知り、
①と同様な結末となった

 

③過去の行動が明るみになった説

彼を生んでから過去の行動(殺人)
が明るみになり数十年間の刑務所
暮らしをしていた。出所してから
家族が預かっていた生太と暮らせる
ようになったが、、、(以下省略)

 

④家族に引き離された説

生太の家族(義一家)に
この人と一緒にいると危険と
みなされ引き離されてしまった。
成長してようやく会えるように
なったものの、、、(以下省略)

 

⑤親権が移っていた説

彼を生んでから過去の行動(殺人)
が明るみになり数十年間の刑務所
暮らしをしていた。親権は夫に移り
その間は夫のもとで暮らしていたが、
どうしても気になった生太が飛び出し、
母親の居場所を突き止め、再開した途端に
、、、(以下省略)

いずれも憶測でしかありませんが、
物語の描かれていない背景には
このようなことが起きていた
のではないでしょうか。

じゃないと「やっと会えた」
っていう表現はしっくりこないからです。

ちなみに多くのサイトにもある通り、
コチラの文字化け、読めるように
文字を置き換えると
【ママバイバイ】
となっているそうです。

トゥルーエンドを迎えてすぐ暗転するので
この画面になると正直かなりビビります。

 

しかも、ママが生太(4番目)に
刃物で刺された後は
アプリが強制的に
終了します。

 

更に恐ろしいことに、

 

ママが生太に刺されるシーンというのは
ママの視点でカメラが動いていきます。

ゲームを再開するには再起動を
しないといけないというところから
ママが意識を失ったor意識がそのまま戻らず
帰らぬ人となってしまった。。。
というような解釈もできるのです。

カンシに関しても
子どもを下すときに使う
管氏というものをそのまま
使っているんだとか。

世界観がかなり作りこまれており、
尚且つ命を題材としている
作品ですので色々考えさせられる
ゲームでもあるのです。。。

命って本当に大切だし
人間生まれたからには
その人らしい人生を全うする必要がある
そんな風に思いました。

そして、感謝。
これだけは忘れちゃいけない
と思ったのでこの
ブログに残そうと思ったのです。

ーーーーネタバレここまでーーーー

 

まとめ

ということで今回は
【ママに会いたい】から学ぶ

・価値観によって命の重さが変わる
・命は繋がっている

ということをお話してきました。

あなたが日々に疲弊しているようであれば
ぜひこの話を思い出してほしいなって思います。

つながりの意識を持つことで、
以外と悩みなんか消えていきます。

日々をしっかりと生き抜きましょう。
私も頑張ります。

 

そして、学ぶことが多かったこのゲーム
▼こちらからダウンロードすることができるので
よろしければ遊んでみてください。
【ママに会いたい】ダウンロード可能サイト

それでは本日はこの辺で!

10日でわかる!時間とお金の自由を実現する『WEB不動産の持ち方』特別講座

※あなたの常識を全て覆してしまいます。
む際はご注意ください。。

あなたは知っていますか?

たとえ誰かと遊んでいるときでも
おいしい料理に舌鼓を打っているときでも
ふかふかの布団で夢の世界にいるときでも……

ネットで自動的に半永久的に
私たちに収益をもたらしてくれる仕組みのことを。

そう、

『WEB不動産』

の存在を。

 

自動的に収益を出してくれるその仕組みは
月1万~月1000万の域にとどまらず
理論上1億円も目指せるので理論上収益は青天井。

 

しかもネットが消えない限りは永遠に建設されているので
Fxや投資と違って失う可能性も限りなく0と言えます。

一度でもその仕組みを作れば金銭的、時間的な余裕が生まれ
ストレスフリーな生活が実現できてしまうのです。

 

 

圧倒的な自由に加え、毎朝重い体を起こしつつ
どこかに出かけたり、人間環境に悩んだりする必要もなく
仕事をする場所や時間もやるやらないも
すべてあなたの思い通り。

WEB不動産を持つだけで誰もが
ノーリスクでこんな生活を送れる可能性を秘めています。

 

こんな圧倒的な自由な生活を実現させるには、

  • 自動的に収益を出し続けてくれる
    『WEB不動産』を構築すること
  • 私たち一般人でもできる
    とある配信システムを活用する
  • お客さんを集めて物の魅力を伝えて
    勝手に売買が起きるようにする

たったこれだけです。
やっていること自体は非常にシンプル。

 

この世界を知った私も
真面目に数か月実践した結果、
家から一歩も出ずに総収益
10万円を突破することができました。

 

昔の友人に近況を話したときには
「そんなのありえないよ!!」
と言われましたが、ありえる世界なんですね……。

 

まあ2割の人しか知らないので
当然っちゃあ当然かもですが、私は

・金欠
・浪人
・週3通院
・障がい者
・情緒不安定

という普通の人以上にハンデが多すぎる人間です。

 

そんなどん底な私でも運よくビジネスに出会い、
適切な知識を教えてくださった指導者に運よく巡り合えたので
人生が大きく傾き始めています。

 

毎月100万円自動で安定して入ってくれば
もう医療費に困ることもないし好きな調理器具を買ったり
温泉旅行に行けるしガーデニングも心置きなくできるようになる。

自分磨きに時間をかけることができるから
今以上に服装、美容、コミュニケーション能力も意識できるから
圧倒的な自信をつけることができる。

人間関係にびくびくしながら生きてきたけれど、
自分の好きな人たちとだけ好きなだけ一緒にいられるし、
一緒に好きなアーティストのライブに参戦する仲間だってできるかもしれない。

 

WEB不動産を持つメリットを挙げると
わくわくがとまりませんね!!

 

どん底だった私に生きる希望や
夢を与えてくれたのはまぎれもなく

「ビジネス」

であると言えます。

 

 

金欠浪人週3通院ブロガーの私だってできるのだから
あなただって正しい知識と正しい努力で結果を出すことはできます。

 

しかも、私も最初のうちはこのWEB不動産である
自動収益の仕組みづくりに躓いていたので

「怖いな……」
「怪しいな……」
「詐欺なんじゃないか……」
「どうやったら自動で収益が出るのか」
「何から始めればいいんだろう」

という不安や懐疑を抱く人の気持ちも痛いほどわかります。

 

だから何から始めればいいか、
どうやって作っていけばいいかを
誰でも理解できるように解説しました。

私のメルマガを読んでいただければ
このWEB不動産の仕組みは理解できるはずです。

そのほかにも、

☑WEB不動産を立てるにはどうすればよいか
☑学校では教えてくれないお金の秘密
☑普通では気づけない世の中の仕組み

などなど、自己投資に90万をつぎ込んで成功した先生や
月収600万を超える師匠から伝授された知識も、
豆乳モカ公式メルマガにて無料で暴露しています。

 

その結果として、

 

「わかりやすくて助かります!」
「そんな仕組みだったんですね!」
「これで仕組みが作れそうです!!」

 

とたくさん

「ありがとう」

を言ってもらえるようにもなりました。

私は、昔の私と同じようにお金に日々の生活に苦しみ、
疲れ切って希望を失っている人に少しでも
手助けになれればいいな、という思いで
主にメルマガで超有料級の情報を無料で発信しています。

 

  • 時間やお金に悩むことのない
    自由なライフスタイルに興味がある、
  • まだあきらめきれない夢がある
  • 自動収益が出るWEB不動産に興味がある

ってあなたはぜひ1日10分だけ読んでみてください。

今なら、30分で2万円の
収益を出せる無料プレゼントも配布中!
※期間限定なのでお早めに!

解除はいつでもできますので、
まずは1日10分だけ読んでみてください。

 


※このメールはあなたのアドレス宛に
無料でお届けしていきます。
不要ならすぐに解除可能ですし、
プライバシーも
厳重に管理いたします。